独自ドメイン取得に伴いURLが変更されております。お手数ですがブックマークのURL再設定等をおねがいします。
http://minecraftauto.com/

2016年03月

【minecraft1.9】村をアイアンゴーレムトラップに作り変える

みんな大好きアイアンゴーレムトラップのお時間です。

今回は村をアイアンゴーレムトラップに作り変えてみたのでご紹介したいと思います。

マインクラフト ver
1.9
シード-1674108798274453895

モードをクリエイティブにして新規に作ったワールドで実験しております。
村を探します
正直どんな村でもOK
村人が多ければ楽かもしれません。

47
今回はこんな小さな村を見つけました。

アイアンゴーレムトラップに作り変える
43


村を囲み村人が外に出られないようにします。
このときアイアンゴーレムトラップに最適なサイズ 内寸が18x18ブロックになるようにしておけば後で楽です。
31
家を壊します
23
中心に処理用の溝を掘ります。
溝の上が村人用
下がゴーレム湧き用に作り変えていきます。

20
村人用の場所を整地してドアをひとつ付けて村人を誘導します。

48
村人が誘導されたら囲んで出られないようにします。

57
ここで忘れてたのですが
村人用の場所は透過ブロックを使わなければなりません・・・・

38
ということで村人用の場所を一段ガラスブロックに変更しました。
これで村人用の場所は完成

09
ゴーレム湧き場所の整地を行います。
こちらの高さは村人用と同じ高さ。
ブロックは不透過ブロックならなんでもOKです。
00
奥と手前にドアを設置して家として認識される形に。
パンをあげると早速求愛しております・・・・

ドアを家として認識させる一番楽な設置は
23
この形になります。
ふざけてないです。マジです。


57
ゴーレム処理・処理後のアイテム回収場所を作成します。
中央に掘った溝の中心に2x2の穴を掘って
一番下にチェスト
02
その上にホッパーと看板
その上に溶岩を乗せると処理層の完成です。

アイテムは足元から落ちるので溶岩で燃え尽きることなくホッパーが回収してチェストに収まります。

40
溶岩の左右から水を流し

53
手前からも水を流して完成です。
あとは村人が増えるのを待つだけ。

19
しかし・・・・村人の方にゴーレムが湧いています・・・

31
村人スペースの下をほってみると
ガラスの下のブロックに沸いている!?

21
ということでガラスの下2ブロック分は掘って何もないスペースを作りました。

32
33
38
綺麗にゴーレムが処理されております。

とりあえず1時間程度放置して問題なくゴーレムが処理されていることが確認されました。


拠点近くに見つかった村等が不要になったらアイアンゴーレムトラップに作り変えるのもひとつの手なのかも知れません。




【製鉄所】アイアンゴーレムトラップ その2

皆さん大好きな「アイアンゴーレムトラップ」
以前つくったものは人様のをみて作ったので村判定とかイマイチ理解していなかったのですがある程度理解出来たので再度自分なりに効率よくつくってみました。

処理部分が2x2のブロックのみ空いているタイプだとアイアンゴーレムが詰まることがありましたので改良版になります。

完成図

00
最終的にはこんな感じになります。

作成工程
300

サイズはこんな感じ 内径が18*18
ドア設置部分も入れると22ブロックとなります
地面からは4ブロックほどの高さの位置に作っております。

47
左右にドア設置して家として認識されるようにしております。
52
中央の穴部分を一段下げて中央部分2x2は空けており処理層となります。




30
1段下げた部分に水を流して
一番下にチェストを設置
チェストに繋げるようにホッパーをつなげます。
ホッパーのすぐ上に看板を設置します。

40
看板の上に溶岩を設置したら処理関連は完了です。

04
村人を入れておく容器の作成
ゴーレムが引っかからないように3ブロックの高さが必要になりますので
ブロック数を間違えないようにします。

55
村人が入る部分だけガラスブロックにしています。
ゴーレムがこの中に沸くのを防ぐための処置ですので透過ブロックにしてください。
19
村人を入れる場所の一番上のブロックもガラス等の透過ブロックを利用してください。

54
中に村人を入れて完成となります。

村人を入れる場所について

村人を入れる場所は正直いってどこでもいいのですが
村の中心から 32 x 32 高さ ± 4 の範囲となります。

この場合の村の中心は各ドアの中心になりますので
処理用溶岩の上になります。
溶岩から 32 x 32 の範囲内なら問題ないと思います
※自信はありません・・・・


以上、アイアンゴーレムトラップの作成でした。


【レッドストーン回路応用】ホッパー付きトロッコの高効率運搬

みなさんホッパー付きトロッコでアイテム運搬で行ったり来たりして運搬効率があまりよくない経験はないでしょうか?

私は往復している間に少しアイテム拾って少し流して・・・
を繰り返すのに嫌気がさして今回高効率でアイテム運搬を行うために簡単な回路を設置したレールを作ってみました。


全体図

500

画像右側から左側にアイテムを運搬します。
この画像見ただけでなんとなくわかる方もいるかとはおもいますが回路を細かく説明していきたいとおもいます。

運搬元詳細

501
502

チェストの上にレッドストーンリピーターとコンパレーターが設置してあります。
このコンパレーターはチェストの中身を検出しアイテムが1つでもあればコンパレーターに出力が発生
リピーターがそれぞ増幅しレッドストーンを伝って手前のパワードレールの出力元のレッドストーントーチをOFFにします。
パワードレールはレッドストーン出力がない場合トロッコを止める性質があります。

つまりチェストにアイテムが入っている場合パワードレールがOFFになりパワードレールの上でホッパー付きトロッコが止まります。
止まるとホッパー付きトロッコにはアイテムが流れ、チェストにアイテムが無くなればパワードレールがONになりホッパー付きトロッコが動き出します。


運搬先詳細
503
ここのホッパーは全部で6個
減らしてもいけるとはおもいますがとりあえずこれで説明します。
ホッパーは全てチェストに流れるように接続・設置しております。

チェスト手前のホッパーにアイテムが流れた場合のみ
コンパレーター・リピーターと出力が流れパワードレールがOFFになります。

OFFになったらホッパー付きトロッコが停止
全てのアイテムがチェストに流れるとパワードレールがオンになります。
オンになったらホッパー付きトロッコがアイテムを取得するために運搬元に戻るという形です。


色々ぐぐったりしてみたのですがこのような形のものが見当たりませんでした。
もしかするとブログ記事にするまでも無い当たり前の構成なのかも知れません・・・・・


動画作ってみましたが無音です。 はじめての動画なので広い心で見てもらえれば・・・・

【windows】マインクラフトのサーバを立ててみる


windows でマインクラフトのサーバを立てる(構築)

今回はwindows編 linux(centos6)編もあります。
 【CentOS6】マインクラフトのサーバを立ててみる

マインクラフト公式からサーバ用jarをダウンロードする
https://minecraft.net/download
ダウンロードしたファイルをわかり易い所に設置
今回はCドライブに minecraftserver というフォルダを設置しその中に minecraft_server.1.9.jar をおきました。

サーバの起動
minecraft_server.1.9.jar をダブルクリックすると起動に失敗しいくつかのファイルとlogsというフォルダが作成されます。
※一回目は必ず失敗します。

eula.txtの編集
eula.txtをテキストエディッタで開きます。
eula=false
↓
eula=true
に変更 再度サーバの起動
minecraft_server.1.9.jar をダブルクリック 起動画面 起動に成功しました。
SnapCrab_Minecraft server_2016-3-24_19-0-53_No-00

自分が入れるかどうかを確認します。
サーバ追加で サーバ名 Windows(任意の文字列でOK) サーバアドレス 127.0.0.1 と入力し「完了」を押す
今回はサーバ名「Windows」としたので該当のものにアクセスできる事を確認します。
サーバ情報確認画面
SnapCrab_Minecraft 19_2016-3-24_19-2-18_No-00

問題なく認識できております。
とりあえずいったんウインドウを閉じてサーバ終了

バッチファイル作成
バッチファイルは.batという拡張子の実行ファイル
コマンドを実行するためのファイルと考えてOK

ここでは「C:\minecraftserver」の中に「minecraftserver.bat」という名前でファイルを作成
作成後テキストエディッタでファイルを編集
@echo off
java -Xms1024M -Xmx4096M -jar minecraft_server.1.9.jar nogui
pause
※メモリ最大値4Gに設定しておりますので環境に合わせて変更してください

編集が終わったらダブルクリックで起動 コマンドプロンプトが起動したらOK

SnapCrab_CWindowssystem32cmdexe_2016-3-24_19-44-34_No-00

 コマンドプロンプト画像 サーバを停止するときはコマンドプロンプトで stopと入力する

SnapCrab_CWindowssystem32cmdexe_2016-3-24_19-45-41_No-00

以上でサーバの起動・停止が行えるようになりました。
minecraftserver.bat のショートカットをデスクトップ上に作成するなどしておけば起動も楽チンです。

ではサーバの詳細設定を解説していきたいとおもいます。
詳細設定は「server.properties」をテキストエディッタで開いて編集します
設定は基本的に true/false となります。 true 有効 false 無効 と覚えればOK
設定名デフォルト値説明
generator-settings
op-permission-level4
allow-nether trueネザーの有無 trueで有り
level-name worldワールド名 変更すればワールド変更となります
enable-query false
allow-flight false飛行を許可するかの設定 許可=true 不許可=false
announce-player-achievementstrueプレイヤーの実績解除のアナウンス する=true しない=false
server-port 25565サーバ利用のポート
max-world-size 29999984最大ワールドサイズ
level-type DEFAULTワールドタイプ FLATでフラットになる
enable-rcon false
force-gamemode false
level-seed
ワールド作成時のシード値
server-ip
サーバIP(基本的に設定しない)
network-compression-threshold256通信の圧縮 非圧縮=1- 圧縮0 デフォルトの256の意味はわかりません
max-build-height 256ワールドの高さ制限 
spawn-npcs true村人の生成 する=true しない=false
white-list falseホワイトリストの使用
spawn-animals true動物の生成
hardcore falseハードコアの設定 trueにしているとプレイヤー死亡後スペクテイターつまり幽霊になる再ログインしても幽霊のまま・・・
snooper-enabled truehttp://snoop.minecraft.netに定期的にサーバ状態を送信するかどうか 送信=true 送信しない=false
resource-pack-sha1

online-mode trueマインクラフトの正規ユーザーの確認
resource-pack

pvp true PVPの許可
difficulty 1ゲームの難易度 0 - Peaceful 1 - Easy 2 - Normal 3 - Hard
enable-command-blockfalseコマンドブロック true=有効 false=無効
gamemode 0ゲームモードの設定 0=サバイバル 1クリエイディブ 2アドベンチャー 3スペクテイター
player-idle-timeout0ユーザーが何も操作しなかった場合の強制ログアウトの時間 0=無制限 1以上は各秒数停止していると強制ログアウトになる
max-players 20最大プレイヤー人数
max-tick-time 60000
spawn-monsters trueモンスターの生成 有効=true 無効=false
generate-structurestrue村などの生成 true = 生成 false =生成しない
view-distance 10チャンク表示範囲
motd A Minecraft Serverサーバー名

今回は外部からの接続は試しておりません。
外部に公開するのならLinux系OSをオススメ致します。
どうしてもWindowsで外部公開をしてみるなら ルータ等の設定を行う必要がありますので
ご自身のルータ各家庭でご利用のルータのポート開放方法をご確認ください。

Atermのポート開放については
【CentOS6】マインクラフトのサーバを立ててみる にて説明させて頂いておりますので参考にしてみてください。

【CentOS6】マインクラフトのサーバを立ててみる

Centos 6でのマインクラフトサーバ構築
※ マインクラフト1.9でサーバ構築となります

まずは必要なものをインストール

java とか のインストール

# yum install java-1.8.0-openjdk
# yum install screen
マインクラフト用ユーザー作成
# adduser minecraft
# passwd minecraft
マインクラフトインストール用ディレクトリの作成
各個人で任意の場所に作成して下さい /etc/ 以下に作成しているのは個人の趣味です・・・
# mkdir /etc/minecraftserver
# chown minecraft:minecraft /etc/minecraftserver/
# su - minecraft
$ cd /etc/minecraftserver/
最新版のサーバスクリプトをダウンロード
$ wget https://s3.amazonaws.com/Minecraft.Download/versions/1.9/minecraft_server.1.9.jar


ダウンロードしたファイルをリネーム
$ mv minecraft_server.1.9.jar minecraft_server.jar


とりあえずテスト起動
$ java -Xms1024M -Xmx1024M -jar minecraft_server.jar nogui
一度目の起動はかならずエラーが発生します
発生後下記ファイルを編集

$ vi eula.txt


eula=false

eula=true


再度起動
$ java -Xms1024M -Xmx1024M -jar minecraft_server.jar nogui



実際に接続できるか試して見ます

SnapCrab_Minecraft 19_2016-3-23_16-23-44_No-00

とりあえず入れるのを確認したら停止
stop



起動用スクリプトを入れる
wget -O minecraft http://minecraft.gamepedia.com/Tutorials/Server_startup_script/Script?action=raw


起動用スクリプトの編集
//必要なところを環境に合わせて編集してください
//当方のテスト環境は 2コア 16GBのサーバを利用しています
vi minecraft
SERVICE='minecraft_server.jar'
OPTIONS='nogui'
USERNAME='minecraft'
WORLD='world'
MCPATH='/etc/minecraftserver'
BACKUPPATH='/etc/minecraftserver/minecraft.backup'
MAXHEAP=8196 #最大メモリ
MINHEAP=2048 #最小メモリ
HISTORY=1024  
CPU_COUNT=2      #利用したいCPUコア数
//起動スクリプトをコピー
sudo cp ./minecraft /etc/init.d/
sudo chmod 755 /etc/init.d/minecraft
chkconfig minecraft on
chkconfig --list minecraft
minecraft 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
↑ 2 3 4がonになっていればOK

//サーバ起動
/etc/init.d/minecraft start
//サーバ停止
/etc/init.d/minecraft stop
バックアップ設定
問題なく起動できたのでバックアップ用ディレクトリの作成
$ mkdir /etc/minecraftserver/minecraft.backup
サーバデータバックアップ
/etc/init.d/minecraft backup
バックアップを毎日深夜4時に作成
crontab -e
0 4 * * * /etc/init.d/minecraft backup

ルーターのポート開放※必要な場合のみ
※この管理画面は管理人が使用しているAtermというルーターのものです
001
1.ポートマッピング設定
2.追加

002
3.LAN側ホストにサーバのIPを入力
4.プロトコル「TCP」
5.ポート番号入力 デフォルトは25565
6.優先度 適当な整数を入力 今回は10
7.設定ボタンで設定
8.プロトコル「UDP」で同じ設定を入力し設定
9.「保存ボタン」を押して設定の保存・反映

マインクラフトサーバにホワイトリストユーザ追加
/etc/init.d/minecraft command "whitelist add ユーザID"
その他使いそうなコマンド
ログインしているユーザの確認
/etc/init.d/minecraft command "list"
ホワイトリストに登録されているユーザの確認
/etc/init.d/minecraft command "whitelist list"


とりあえず以上となります。
作業思い出しながらコマンドログみながらなのでどこかミスありそうです
極力無駄な作業は省いているつもりではあります

間違っているところなどがありましたらご指摘頂けると助かります。

参考にさせていただいたサイト
さくらのVPSでminecraftサーバを構築 Minecraft_serverインストール編
Twitterで更新情報を配信しています 宜しければフォローおねがいします
相互RSS
ギャラリー
  • 耕地保護MOD「FarmProtect」
  • 耕地保護MOD「FarmProtect」
  • 鉱石類一括採掘MOD「VeinMiner」
  • 鉱石類一括採掘MOD「VeinMiner」
  • きこりMOD「TreeAssist」
  • 【シェーダパック】SEUSバージョン別比較
  • 【シェーダパック】SEUSバージョン別比較
  • 【シェーダパック】SEUSバージョン別比較
  • 【シェーダパック】SEUSバージョン別比較
  • 【シェーダパック】SEUSバージョン別比較
  • 【シェーダパック】SEUSバージョン別比較
  • 【シェーダパック】SEUSバージョン別比較
  • マインクラフト コマンド一覧 サンプル付き
  • 【シェーダパック】KUDAバージョン別比較
  • 【シェーダパック】KUDAバージョン別比較
  • 【シェーダパック】KUDAバージョン別比較
  • 【シェーダパック】KUDAバージョン別比較
  • 【シェーダパック】KUDAバージョン別比較
  • 【シェーダパック】KUDAバージョン別比較
  • 【シェーダパック】KUDAバージョン別比較
  • 【シェーダパック】KUDAバージョン別比較
  • 全MOB消去・自然湧き停止
  • 全MOB消去・自然湧き停止
  • 村の中から始められるシード値
  • 【CentOS6】マインクラフトサーバに「Minecraft Overviewer」をインストールしてみる
アクセスカウンター