shaderpacks

Optifineとは

グラフィック関連のMODでグラフィック関連の設定が増え様々な設定がおこなえるMODで設定次第では低スペックPCでフレームレートが向上する。

※今回はフレームレート等の設定に関しては触れません。

Optifineのダウンロード

http://optifine.net/downloads


今回はmirrorよりダウンロード
optifine

optifine2-400

Optifineのインストール

ダウンロードした「OptiFine_1.10.2_HD_U_C1.jar」をダブルクリックしてインストール

optifine3-400
optifine4-400


このままインストールしますので「Install」をクリックしてインストールします。

optifine5-400
これが表示されればインストール完了となります。



Optifineの動作確認

導入したOptifineの動作を確認するためにマインクラフトを起動します。
ProfileにOptifineが追加されていればOK。
optifine6


「Optifine」プロファイルのエディットを行いGame Directryの変更を行います。


optifine7

今回はデフォルトの「C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\.minecraft\」のなかに「optifine1.10」というフォルダをつくり、それを指定しました。

シェーダーパックのダウンロードを行う

シェーダーとは陰影処理を行うものと考えていただければOK、かなり見た目が変るので好き嫌いはあるとおもいますので色んなものを試してみるのがいいと思います。

Chocapic13's Shaders
Chocapic

Continuum1.2.2 PBR
Continuum

KUDA-Shaders v5.0.6
KUDA-Shaders

SEUS-v11
SEUS-v11

Sildur’s Shaders(Vibrant)
141


シェーダーの導入

「設定」→「ビデオ設定」→「シェーダーの詳細設定」でシェーダーを選択できます。

シェーダーを入れるフォルダはGame Directryで設定したフォルダ内の「shaderpacks」にzipのままいれるだけ。

今回設定したGame Directryでいえば「C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\.minecraft\optifine1.10\shaderpacks」の中にダウンロードしたzipをそのまま入れてください。解凍の必要はありません。


02
こんな感じで選択できるようになります。


sharder-error
「シェーダーは描画を速くする処理と共存できません。」とメッセージが出た場合は

「設定」→「ビデオ設定」→「パフォーマンスの詳細設定」→「早い描画処理」をオフにしてみてください。


optifine8


以上Optifineのインストールからシェーダーの導入までをためしてみました。

判らない点や間違いなどがありましたらご指摘いただけると助かります。


先日より、自サーバで1.10.2を小学2年生の息子とはじめました。

また記事にしてみたいとおもいます。